ダイエット目的で糖質制限食をがんばっているのに○○を食べていると体重は落ちませんよ!

ダイエット目的で糖質制限食しているのにフルーツを食べていませんか?名古屋市西区出張ダイエット

 

こんばんは、名古屋市西区の出張パーソナルトレーナーで、もとプロボクサーの中村好伸です。

最近 発覚したのですが、ダイエットしたいということで糖質制限食をすることを勧めたクライアント様が、

まさかの「フルーツはいいと思ってた!」っと言って、毎日食べていました。

体型は変わって来てるけど、なぜか体重が落ちなくて不思議だったのですが、謎が解けました!

 

フルーツは体に良いっと思って、けっこう勧めている方がおられます。

「昔の人類は食べていたから必要な栄養素だ!」っと言わんばかりに。

確かに昔のフルーツは必要だったかもしれない!

けど現代のフルーツは、ビタミンよりも糖質が多すぎます。

いくらビタミンが摂れるからといっても、改良改良で甘くされた現代のフルーツは血糖値の急上昇を招きます。

血糖値が急上昇し続ければ、もれなく糖尿病という病名がついてしまいます。

糖尿病になったら間違いなくフルーツは食べられなくなります。> <

 

ちなみに昔のフルーツと現代のフルーツの違いはコチラです。

現代のフルーツは美味しそうですね。

さてこの写真を見て、フルーツはどれだけ食べても絶対に平気だっと思いますか?

 

でわ、フルーツの糖質量を見てみましょう。

果物 重さ 糖質量
バナナ 約1本(220g) 28.2g
みかん 約1個(100g) 8.8g
いちご 5粒(85g) 6g
りんご 1/2個(160g) 20.8g
キウイ 半分(45g) 4.2g
約1個(280g) 21.2g

 

この中で食べても良いなら、いちごとキウイですね。

もし食べるなら、他に摂る予定だった糖質を減らして食べましょうね。

 

糖質制限食は糖質を摂ることで血糖値が急上昇してしまい、血糖値の乱高下を繰り返すことで肥満になってしまいます。

肥満になり体脂肪が増えれば、自然と生活習慣病になっていってしまいます。

健康のバロメーターとダイエットのバロメーターは一緒で、血糖値のコントロールが2つを同時に解決してくれます。

 

自分の体は自分でしか守れません。

健康寿命をのばしていつまでも元気で自立した生活ができるように、「今」、体が動くうちに知識を蓄え、食事と運動をしていきましょう。

自ら努力して健康になっていく「建設的健康」の時代になっています。

そのためにも、まず糖質を抑えて血糖値のコントロールをしていきましょうね。

血糖値を測る機械は、今ネットで買える時代です。

自分で行うのが恐ければ、定期的に病院へ行って血糖値を調べてもらってくださいね。

血糖値の数値がよければ、健康診断の数値もよくなりますから〜。^^

 

血糖値をコントロールする方法はこちらのメルマガでお伝えしています。

メルマガ

★ お知らせ ★

 

★ パーソナルトレーニング出張地域一覧 ★

上小田井・庄内緑地公園を中心に、・名古屋市全般・北名古屋市・清須市・大府市・津島市・弥富市・愛西市・稲沢市・岩倉市・一宮市・春日井市・小牧市・大府市など

ダイエット・パーソナルトレーニング・糖質制限食・ボクシング・ボディメイク・ストレッチ・整体・産後の骨盤矯正・体幹トレーニングを個別指導してます


運動ダイエットランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ 食事制限ダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA