ダイエット中に気をつけたい血糖値を上げない食べる順番ダイエット法

ダイエット中に気をつけたい血糖値を上げない食べ方!

 

こんばんは、岩倉駅西口から徒歩1分のパーソナルトレーイングジムSATISFYのチーフトレーナーで、元プロボクサー中村好伸です。

ダイエット中のご飯を食べる時、ちょっとしたことを気をつけるだけでダイエット効果は変わってきます。

今日はダイエット中に気をつけたい食べる順番についてです!

 

ダイエットをするときに食事を摂る順番を変えるだけでダイエットできるなら、そんな簡単なことは積極的に取り入れていきたいと思います。

オススメな順番は、「糖質を最後に食べる!」です。

 

よく、野菜から食べてタンパク質・脂質と食べることで血糖値の上昇を防ぐと「食べ順ダイエット」は教えてくれてます。

でも、実は糖質以外は基本 血糖値の上昇は緩やかになります。

なので、野菜を先に食べないとダメっということはありません!

野菜嫌いな人、良かったですね。^^

ダイエット中に気をつけたい食べる順番は、何を先に食べるのかを気にするのではなく、一番最後に糖質を食べる!です。

 

血糖値の乱高下が体脂肪を増やして肥満になります。

インスリンは肥満ホルモンと呼ばれていますが、血糖値が上昇しすぎなければインスリンは健康にと〜っても大切な働きをしてくれます。

血糖値を変えすぎないことが健康的なダイエット成功の秘訣。カロリー制限では痩せても「健康」っというわけではないんです。

 

血糖値を上げすぎないためにもいつも摂りすぎている糖質を制限して、血糖値をコントロールしようっというのが、糖質制限食です。

糖質制限食は、糖質を我慢してダイエットする食事法っと言い切るのではなく、根本は健康のバロメーターの血糖値をコントロールするための食事法です。

お医者様の観点からは、患者さんは運動ができないor苦手っという認識から、運動なしで血糖値をコントロールするために糖質制限食のみで痩せられるっと言われています。

しかし、

血糖値を落とすなら運動も適切に取り入れると落とせれます。

適切に運動を取り入れるとインスリンの追加分泌しませんので、糖質をチョット食べても大丈夫です。^^

正しい糖質制限食と運動の取り入れ方は、無料メールセミナーで紹介してますので、よければそちらを登録して読んでくださいね。

メルマガ

 

 

糖質制限食をするとき、ゆる目の糖質制限食は1日の糖質量は、130g以下です。

1日3食食べるとしたら、1食43g以下です。

糖尿病を患っていなければ43g以下なら、食べ順をキッチリ守ることはしなくても大丈夫です。

 

けど、もし余裕があるなら食べ順も「糖質を最後」にしてください。

この食べ順の習慣がつけば、もし糖質量が増えてしまっても、血糖値が上がりすぎなくてすみます。

血糖値が上がらなければ太ることはありませんです。

血糖値をコントロールして体脂肪を減らし、健康的なダイエットをしていきましょ〜!^^

 

メルマガ

★ お知らせ ★

 

岩倉市・上小田井・庄内緑地公園を中心に、・名古屋市全般・北名古屋市・清須市・大府市・津島市・弥富市・愛西市・稲沢市・一宮市・春日井市・小牧市・大府市など

ダイエット・パーソナルトレーニング・糖質制限食・ボクシング・ボディメイク・ストレッチ・整体・産後の骨盤矯正・体幹トレーニングを個別指導してます


運動ダイエットランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村

Follow me!

  1. 健康診断で中性脂肪が多いと言われたら始めて欲しいダイエット法!
  2. 女性の方で「糖質制限食しても痩せない」時の原因と対処法!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP