糖質制限食のやり方Q&A

正しい糖質制限食のやり方とQ&A!糖質制限食を始めた時に疑問に思うことを解決します!

正しい糖質制限食のやり方とよくある質問をQ&Aまとめました!

糖質制限食のやり方Q&A

こんばんは、岩倉駅西口から徒歩1分のパーソナルトレーニングジムSATISFYのチーフトレーナーで、元プロボクサー中村好伸です。

岩倉駅前パーソナルトレーニングジムSATISFYでは、短期ダイエットコースで糖質制限食の管理を行っています。

短期コースでカロリー制限食ではなく糖質制限食を指導する理由は、リバウンドせず食べながらダイエットできるからです!^^

 

今の時代、食べずに我慢してダイエットする時代ではありません。

現に糖質制限食と筋トレを組み合わせて3ヶ月で10キロダイエットした方もおられます!^^

出張パーソナルトレーニングでメタボ解消!

そこで今回は、糖質制限食の正しいやり方と会員様から質問があったことをまとめて記事にしました。

ぜひあなたの健康的なダイエットにお役立てしていただければ!^^

糖質制限食の効果

糖質制限食の効果は絶大です!

まず上の写真のように、ダイエット効果は抜群です。

上の写真の方は、4ヶ月でメタボ体型から割れた腹筋を手に入れました。凄いですよね!?^^

しかしダイエットは、糖質制限食の効果のほんの一部です。

 

糖質制限食の効果は、歳をとっても病院通いにならず自分の人生を楽しんでいけれるようになれること!

40歳以上からどんどん増えてくると言われる生活習慣病。(脂質異常症・糖尿病・高血圧・がん、脳卒中、肝臓病、腎臓病、骨粗しょう症など)

その生活習慣病の予防と改善が糖質制限食でできるんです!

糖質制限食の第一人者 江部康二先生の著書「糖質制限革命」の一文を紹介しますね。

少なくとも私(江部先生)の経験では、事実として生活習慣病のほとんどすべてについて予防効果が認められますし、薬剤も大きく減らすことができます。

私の勤める京都の高雄病院での実例をご紹介しましょう。

生活習慣病の代表格である糖尿病についてはすでに述べたように、薬剤の必要量が約3分の1になっています。

次に、脳血管疾患や虚血性心疾患など動脈硬化に関連した病気については、まず、普通の病院では高血圧の治療薬が処方されるケースが多いでしょう。

ところが高雄病院の場合、糖質制限食を指導することで血圧が下がる例が非常に多く見られます。

糖尿病の薬剤と同様、高血圧の薬剤の使用量はかつての3分の1くらいというのが実感です。

私の調べたところ、高血圧の薬は日本で年間で5000億円ほど売れているようです。

日本全国で高血圧の薬が3分の1になれば、5000億円の3分の2に当たる、約3000億円が削減できる計算です。

またがんの場合、高血圧のようには明確にどのくらいの薬剤が減ったというのは難しいのですが、感触としては、

徹底して糖質制限食を実践すると、がんの発症そのものが半減させられるのではないかと思っています。

 

江部康二の糖質制限革命より

 

このように江部先生の病院でも糖質制限食をすることで、患者さんの生活習慣病が改善できることが実証されています。

生きた証拠なわけです。

このような背景からSATISFYは、糖質制限食は健康的なダイエットをしたい方にオススメしています。

正しい糖質制限食のやり方

糖質制限ダイエットが流行りだして、糖質制限食を実践してくれる方が増えているのは本当にありがたいなと思います。

別にぼくが考えたわけではないから、ぼくがありがたがる必要はないのですが、世の中の人たちの健康への意識が高くなってきたことが嬉しいんです。

ですが、糖質制限食をまだまだ間違ってやられている方が多いです。

確かに名前の通り、「糖質を制限すれば良い」のですが、間違って行っている方の多くがカロリー制限食と一緒に糖質制限食も行っているのです。

カロリー(脂質)と一緒に糖質も抜いてしまっては、体を動かすエネルギーが不足してしまい、体は動かなくなってしまいます。

「よくフラフラする」など、低血糖を起こす方もおられますが、これは明らかにエネルギー不足です。

正しい糖質制限食のやり方は、たんぱく質と脂質をたくさん摂って、糖質を制限する!です。

 

江部先生の糖質制限食には3パターンで始めれる方法があります。

1、スーパー糖質制限食(1日糖質摂取量60g以下)
2、スタンダード糖質制限食(1日糖質量70g〜100以下)
3、プチ糖質制限食(1日糖質量110g〜140g以下)

上から順に効果があります。

ダイエットなど短期で結果が出したい方は、スーパー糖質制限食をすると良いですよ〜。

ただ、リバウンドが怖い方やもっと詳しく糖質制限ダイエットを行いたい方は、ぼくが発行しているメルマガを参考にすると良いですよ。^^

糖質制限食 Q&A

糖質制限食のやり方Q&A

 

Q:フルーツはビタミンも豊富で体に良いって聞くので食べても良いですか?

A:フルーツは糖質量が高いのでまるまる食べることは基本はNGですが、少量なら大丈夫です。ただし甘いと食べ過ぎてしまうので、少量しか食べないと決めて食べてくださいね。^^

 

Q:糖質以外は何を食べても太りませんか?

A:糖質を摂らなければ血糖値は上がらないので、カロリー制限は気にしなくてよいですが、ダイエットを意識するならカロリーは正常値を超えないようにしましょう。

あまり運動をしない場合、男性 1850~2300kcal/日。女性 1500~1750kcal/日 を目安にしてください。

 

Q:GI値が低い食品は糖質制限食中 食べても良いですか?

A:GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、体内で糖質がブドウ糖に分解・吸収され血糖となる速さを相対的に表した数値。

江部先生は、糖尿病の方は絶対にダメで、健常者は参考程度にした方が良いっということで、ぼくは短期で結果を出すなら基本やめた方が良いと思います。

 

Q:糖質制限食は筋肉が減るっというのは本当ですか?

A:まったくの誤解です!たぶん筋肉が落ちるという理論は、

【糖質を摂らない→ブドウ糖が不足→筋肉を分解して糖新生してブドウ糖を作る】という話だと思いますが、体内のアミノ酸には、食材から消化吸収されたものと、体タンパク質の分解によるものがあります。

つまり、糖質制限とは無関係に、誰でも毎日一定量の筋肉細胞が分解されて再合成されてを、繰り返しているのです。

糖質制限食は糖質を制限する代わりにたんぱく質を摂取するので、筋肉量が減ることはありません!

 

Q:糖質制限食はやめたらリバウンドしますか?

A:糖質制限に限らず、ダイエットをやめて好きなものを食べれば、どんなダイエット食でも太ります。

糖質制限食は健康な体作りをする食事です。スーパー糖質制限食を実践してダイエット成功したなら、スタンダード糖質制限食にして、糖質量を増やさないようにしていくと太らないだけでなく、生活習慣病にもなりづらくなります。

リバウンドせず病気にならないためにも、糖質制限食を習慣にできるようにしていってほしいです。

 

※ 江部先生への質問で糖質制限ダイエットについて興味深い質問がありましたので、こちらも紹介します。

Q1. 糖質制限をしていますが、体重が減りません。

まず大前提として、糖質制限食は血糖値を安定させ、適性な体重に戻すための食事方法です。どんどん痩せてモデル体型になるためものものではありません。

体重が減らない原因として、

a. 既に標準体重の範囲内にある

b. 基礎代謝が低い、倹約遺伝子を持っている等、体質的に痩せにくい

c. 糖質制限をしているつもりが出来ていない

d. 活動量が少なすぎる

e. 食べすぎ(摂取エネルギー量の過剰)

などがあります。

 

a: それ以上痩せることは健康面からはお奨めできません。どうしても痩せたい場合はカロリー制限、運動なども組み合わせることになるでしょう。

b: 摂取エネルギー(カロリー)も多少は制限する必要があると思われます。

c: 糖質制限食を正しく理解し、また食生活を見直してみましょう。意外なところに隠れ糖質(?)が潜んでいるかもしれません。但しあまり神経質にならないように。

d: どんなダイエット方法をしていても、あまりにも動かない方は痩せにくいでしょう。特にスポーツやエクササイズをしなくても、1日を通して活動量を増やすことは難しくありません。ライフスタイルの見直しをお奨めいたします。

e:大食感タイプの方は、標準必要エネルギー程度の摂取を心がけましょう。

また、糖質制限の減量効果が早く現れる人と、そうでない人がいます。

肥満度の高い中高年の男女は比較的早くまた大きく減量できるケースが多いです。

若い女性は効果が現れるまでに相当の期間が必要なケースがあります。

恐らく、

・内臓脂肪が多い肥満型:中高年に多い。糖質制限により脂肪が減りやすい。

・体脂肪が多い肥満型:若い女性に多い。体脂肪はそもそも減りにくい

という点も関係しているのではないかと思われます。

そもそも糖質制限食は一時的なダイエット方法として考案されたものではありません。いずれ効果は現れますので、気長に続けていただきたいと思います。

Q2. 糖質制限を始めてから急激にやせたので心配です。

肥満度が相対的に高く、また痩せたことによる体調の悪化が感じられないのであれば何も心配はいりません。

特に太っていないのに急激に体重が減少したり、やせすぎたりする場合は、摂取エネルギー(カロリー)が低すぎる可能性があります。体調不良にもつながりかねないので、より多くのエネルギーを摂るようにして下さい。

 

日本糖質制限医療推進協会より

 

まとめ

糖質制限食は医療の現場で結果が出ている”命を救う食事法”です。

未だに反対派も多く存在しているので、糖質制限食を貶す報道も多く見られます。

ですが、アメリカ糖尿病学会が糖質制限食を正式に認め、それ以降年々増えていた糖尿病合併症が減ってきたという事実もあるし、権威の高い論文で糖質制限食が安全というのも発表されています。

そしてたくさんの論文で、短期的にダイエットできるのが糖質制限食だということもわかっています。^^

 

糖質制限食が怖い方は、まず夜だけ炭水化物を抜く食事から初めて行かれることをお勧めします。

そして慣れてきましたら、ぜひスーパー糖質制限色かスタンダード糖質制限食を始めてください。

健康的なダイエットは血糖値のコントロールにあります。

血糖値の乱高下をなくして、未病で元気で若々しい生活をずっと送っていきましょう。

元気があればなんでもできる!^^

 

他にも分からないことがありましたらコメント欄に質問ください。^^

 

血糖値をコントロールする糖質制限食と筋トレの方法をお伝えするメルマガも参考にしてください。

メルマガ

 

★ お知らせ ★

 

岩倉市・上小田井・庄内緑地公園を中心に、・名古屋市全般・北名古屋市・清須市・大府市・津島市・弥富市・愛西市・稲沢市・一宮市・春日井市・小牧市・大府市など

ダイエット・パーソナルトレーニング・糖質制限食・ボクシング・ボディメイク・ストレッチ・整体・産後の骨盤矯正・体幹トレーニングを個別指導してます


運動ダイエットランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村

Follow me!

  1. 岩倉駅前ダイエット!自分の命は自分で守ろう!パーソナルトレーニングジムSATISFY

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP