上小田井駅前SATISFY

男性と女性のダイエット法は違う⁉︎ 内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは!上小田井駅前パーソナルジムSATISFY

[vkExUnit_ad area=before]

男性と女性でダイエットのスピードが違う理由は体脂肪の種類にあります!

岩倉駅前パーソナルトレーニングジムSATISFY

こんにちは。

【ダイエット初心者専門】上小田井駅前パーソナルトレーニングジムSATISFYのトレーナー中村好伸です。

 

下半身太り、お腹周りの脂肪も気になる!

そんな悩みを抱えている人は多いでしょう。

 

近年販売されている体重計でも計測できるようになりました。

体重計のメーカーによっても基準は異なりますが、一般的に推奨されている体脂肪率は、男性15~20%、女性は20~25%とされ、男性で25%以上、女性で30%以上になると肥満とされています。

 

さて、皆さんは、内臓脂肪と皮下脂肪の違いについてご存知ですか?

また、男性と女性のダイエット法は違うの?

と疑問を持ったことはありませんか。

そこで、今回は、男性と女性のダイエット法は違うのか、内臓脂肪と皮下脂肪の違いについてご紹介させていただきます。

男性と女性のダイエット法は違う⁉︎

運動しても体重が落ちない方の特徴と改善方法!岩倉駅前パーソナルトレーニングジムSATISFY

男性と女性の脂肪のつき方に違いがあるのをご存知でしょうか?

男性と女性では脂肪を貯蔵する部位とその脂肪の使われ方が異なります。

一般的に男性は下半身より上半身に脂肪が付きやすく、「リンゴ型肥満(内臓脂肪型)」などと呼ばれています。

男性はすぐにエネルギーとして使えるように脂肪は腹膣内に優先的に蓄えられます。

そのため、男性が過食をすると内臓脂肪になりやすいのです。

内臓脂肪と皮下脂肪の使われ方の違いはエネルギーとしての変換が早いか遅いかの違いです。

男性は狩りや農作業に使うエネルギーが直接的に必要なため、すぐに変換できる内臓脂肪に蓄えるように遺伝子に組み込まれているのです。

 

それに比べて女性は腹部やヒップ、太ももと下半身に脂肪が付きやすく、「洋ナシ体型肥満(皮下脂肪型)」と呼ばれています。

女性は、種の保存のための生殖に有利になるようなエネルギーの貯蔵システムが遺伝子に組み込まれています。

妊娠・出産という作業に長い時間を費やすため、長期間にわたるエネルギー源が必要となります。

その貯蔵庫が皮下脂肪なのです。

そのため、女性は内臓脂肪よりも皮下脂肪を蓄える傾向にあるので、皮下脂肪が蓄積されやすいのです。

男性につきやすい内臓脂肪は、運動により比較的落としやすいですが、女性につきやすい皮下脂肪は運動では落ちにくいのです。

 

こうした理由から、「夫は筋トレでお腹がへこんだのに、私には効果がない」とか、逆に「女性用のエクササイズは、男性には効かない」といった現象が起こるのです。

つまり、女性には女性向きのダイエット法があり、男性には男性向けの方法があるわけです。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは!

まずは「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の違いを知っておきましょう。

体に蓄積されている体脂肪は、大きく「内臓脂肪」と「皮下脂肪」に分けられます。

一般的に

内臓脂肪(落ちやすい)
皮下脂肪(落ちにくい)

と言われています。

では、それぞれ説明していきましょう。

 

①内臓脂肪

内臓脂肪は、内臓の周りに蓄積している脂肪のことを言います。

内臓脂肪は、男性ホルモンの関係で、女性よりも男性の方が蓄積しやすいと言われています。

内臓脂肪が過剰に増加すると、高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病や動脈硬化を引き起こす原因となります。

生活習慣病と強く関連しているのが「内臓脂肪」です。

 

内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて1個の脂肪細胞の大きさが小さく、代謝活性が高いことがわかっています。

胃や腸と直結しているために、門脈を通じて肝臓に糖分や遊離脂肪酸などのエネルギーを送ることができるので、エネルギーの出し入れがしやすいのです。

そのため、内臓脂肪は食べ過ぎによって増えやすくなっています。食事を制限した場合はその逆で、まず内臓脂肪から消費されます。

内臓脂肪は、お腹の内臓の周りにつく脂肪です。

 

②皮下脂肪

皮下脂肪は皮下組織にある脂肪のことを言います。

皮下脂肪は、女性ホルモンの作用により、男性に比べて女性の方が蓄積しやすいと言われています。

皮下脂肪が過剰に蓄積すると、膝などの関節に負荷をかけ、関節痛などになる可能性が高まりますが、一方で内臓脂肪とは異なり、生活習慣病との関係はあまりみられないとされています。

皮下脂肪は、外部からの圧力に対するクッション、また寒さ対策の役割を担っています。

 

食べ過ぎてエネルギーが余ると、最初につくのが内臓脂肪。

そして、ダイエットをして最初に減るのも内臓脂肪です。

皮下脂肪は内臓脂肪よりじわじわつき、ダイエットで徐々に減っていく傾向があります。

脂肪には「エネルギーの備蓄」という役割がありますが、お金にたとえると、内臓脂肪は引き出しやすい財布のお金、皮下脂肪は引き出しにくいお金です。

つまり、預金に例えると、内臓脂肪=普通預金、皮下脂肪=定期預金ということになります。

まとめ

いかがでしたか。

ここまで、男性と女性のダイエット法は違う、内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて、ご紹介させていただきました。

皮下脂肪、内臓脂肪はともに体に必要なものですが、付きすぎるとさまざまな悪影響を及ぼします。

とくに内臓脂肪は重大なリスクにつながる可能性があるため、心当たりのある方はすぐに対策を始めましょう!

食事、運動に少し気を遣うだけでも、改善の一歩になります。

上小田井駅前パーソナルトレーニングジムSATISFYは、運動が苦手な方のそんな悩みを解消します。

皮下脂肪、内臓脂肪、気になる方は、ぜひ、一度ご相談ください。

ボクと一緒に楽しみながらダイエットをしていきましょう!^^

 

[clink url=”https://yoshinobuz.com/merumaga/”]

★ お知らせ ★

 

・上小田井・庄内緑地公園を中心に、・名古屋市全般・岩倉市・北名古屋市・清須市・大府市・津島市・弥富市・愛西市・稲沢市・一宮市・春日井市・小牧市・大府市など

ダイエット・パーソナルトレーニング・糖質制限食・ボクシング・ボディメイク・ストレッチ・整体・産後の骨盤矯正・体幹トレーニングを個別指導してます


運動ダイエットランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ
にほんブログ村

Follow me!

[vkExUnit_ad area=after]
ABOUT ME
satisfy
初めまして、こんにちは。 元プロボクサー。今はパーソナルトレーナーをしている中村好伸です。 元プロボクサーだから厳しいトレーニングばかり指導していると思われがちですが、ぼくが大切にしているのはコンディショニングです。 骨盤を修正してからトレーニングをして、体軸の確保をしていくトレーニングをメインに、スポーツ選手の肉体改造や子供達への正しい筋トレの方法を指導したり、おじいちゃんやおばあちゃんの骨盤修正と簡単エクササイズを指導したりしています。^^ 元プロボクサーなのでダイエット指導も得意です。 ぼくが現役の時に「糖質制限食を知っていたらなぁ」っと思うぐらい、糖質制限食の健康的なダイエット効果を実感しています。 その糖質制限食はあの有名な江部先生から習っています。^^ ぼくのパーソナルトレーニング に興味をお持ちいただきましたら、ぜひご一緒しましょう。 「ツラいダイエットを楽ししちゃおう!」がモットーです。 よろしくお願いします。^^
PAGE TOP